スポンサーリンク

トラウマがあって体を動かすのは苦手です

Uncategorized

アスリートにとって身体は資本です。

今ではプライベートトレーナーをつけている選手も少なくありません。

ただ指導者によっては筋トレを禁止するコーチもいるのです。

それでも隠れてジムに通っている選手もいます。

僕の場合はやり過ぎは良くないですが、ある程度は鍛えて欲しいと思っています。

筋肉が付きすぎて動きの質が悪く慣れば身も蓋もありません。

その選手の体格であったり、ポジションの特性で筋肉の付け方は変わってきます。

見せかけだけの筋肉はアスリートには必要ないのです。

週末に試合があるならば、どのタイミングで行わなければならないのかも重要です。

またプレシーズンだけ筋力トレーニングを行っても効果は半減します。

年間を通して、試合に最高のパフォーマンスが出せるように緻密な計画が大切です。

年々、歳を重ねると動くのが億劫(おっくう)になってしまいます。

どんどん体重が増えてきています。

選手には昔の写真をネットで見られ今と違う自分を笑われています。

友人からは「トレーニングする環境があるのに」と言われる始末です。

言い訳をすると、現役時代に本当にキツかったトレーニングはやりたくないのです。

できるなら楽してダイエットしたいのです。

そして寒い季節は身体を動かすことは少なくなります。

まずは食事の改善です。

そして家で身体を動かしましょう。

来年こそ健康のために痩せようと毎年この時期に思っています。

来年こそは!

コメント