スポンサーリンク

職場の人間関係は難しくて複雑です

スポンサーリンク
Uncategorized

人間関係は複雑です。

どんなに優れている組織にだって対立はあるものです。

そして一度狂った歯車は修正するのにストレスが掛かります。

修正出来るなら良いのですが、そのまま崩壊することもあります。

スポーツの世界も例外ではありません。

試合には決まった人数しか出れません。

必然的に控え選手へのマネージメントが必要になります。

試合に出れない選手というのは自分を受け入れません。

プロ選手もアマチュア選手も同じです。

指導者というのは選手に嫌われたくない思いで嘘を言ってはなりません

なぜ試合に出れないのか、どこが劣っているのか。

もちろん戦術的な理由もあるでしょう。

本当のことを伝える事が選手にとって、チームにとって良い事なのです。

毎日顔を合わす選手たちです。

情だって湧いてきます。

そんな選手に対して、正直に接するのは辛い場面も多いのです。

ですが、この作業を怠るとどうなるのでしょうか。

出てない選手同士が仲間意識を持ち出すのです。

そうならない為にも選手個人への人間教育も大切です。

ミーティングだけではなく本を読むことも推奨しています。

人間は群れてしまいます。

群れて不満ばかり言ってしまうのです。

『従順な羊ではなく、野良猫になれ』めちゃくちゃインパクトが強かった。

愛想は振り撒くけど、そこに群がらない猫になりなさい。

最近では「イジメ」は学校の子供達だけではないようです。

いい大人の職場にも多く存在する話を聞きます。

口を聞かない、孤立させようとする子供じみた行動をする大人です。

自分の存在をどうしたいのかが疑問です。

優位になったところで、その組織は良くなると思っているのでしょうか。

人にばかり目を向けてしまうのは仕事ができない人の典型です。

そして自己評価の高い人なんですね。

そんな人と一緒になって悪口を言って仲間意識を持ってしまう。

これが組織が崩れてしまう要因の一つです。

火種は大きくなってからでは取り返しがつかなくなります。

大きくなる前に消したいものです。

矢印を他人ではなく、自分に向ける大人になりたいものです。

コメント